両親の苦悩といった乳児の稽古

最近2児のお父さんを通しておりますが、長男は練習が素早く、寝返りや通過、ツイートといったところも心配することなく順調に覚えていってくれました。
2年代後には長女が出来上がり、長男と同じように成長して出向くものだと感じていました。
寝返りも通過も長男によって少しは遅かったのですが、それほど心配することもない程度で順調に成長していきました。
ですが、ツイートが出ない。
こちらが話しているツイートは理解しているようですが、考えを訊くことといえば笑うときの考えといった泣き声平均というところでした。
その頃は、長男の練習が早すぎたのだと感じていましたが、1年齢5か月ところから保育園に通うようになると、おんなじ地位のお子さん陣は「〇〇様の男!」などきちんと言葉を発していることもあり、幾らか心配になってきました。
なので、保育園の医師にも心配に感じていることを伝えましたが、リアクションは「練習は自身ですからね。」のみでした。
家でも、男や婦人などの楽と思える文字から真似をするみたい、ゆっくりと話しかけていましたが、笑ったり、きょとんとするだけで、すっかりと言って嬉しいほどツイートを発しませんでした。
ありのままツイートを発さないまま保育園入園から半年が過ぎていました。
その頃になると長女と同じ地位のお子さん陣はほとんどのお子さんがきちんとツイートを見せるようになり、どんどん心配になってきていたのですが、初めてのツイートを聞いたのは突然のことでした。
ある日売買から帰宅すると「男!」といった大きな声で言いながら出入り口まで走ってくる長女。
そのツイートを聞いた瞬間のリライアビリティという嬉しさは今でも忘れません。杉山てつやの評判